広東語Cantonese廣東話 語学学習

#4 初心者向け声調のコツ

#4 初心者向け声調のコツ

今回は広東語、初級向けの声調のコツをご紹介します。

広東語で難しいと言われるのが声調です。超初級の人におすすめのコツをマスターしましょう。

YouTube動画

※こちらはYoutubeのに投稿した動画を、文字に起こし、修正及び補足を加えたまとめ記事です。興味がある方は是非動画もご覧ください。

初心者向け声調のコツ

今回は初級の方のための、声調のコツをご紹介します。

正しくきれいに発音したい、正確にネイティブのように発音したい!という方は、

頑張って6種類の声調をマスターするしかないんですが、

「とにかく広東語の勉強を始めたけど、声調が難しい!」という方、

「挨拶の単語は覚えたけど、声調が間違っていて伝わらない!」という方のためにCatOnKneesオリジナルの、コツをご紹介します。

気をつけるのは1の声調

コツと言っても大したことではなく、一つだけ!

「イエール式でいう 1 の音、一番高い発音 を意識する」ということです。

6つの声調の違いは、是非動画で確かめてみてください。

ネイティブの発音を聞いていただいたらわかると思うんですが、

1の発音は高い音から始まっていて、それ以外は、真ん中か下から音が始まります。

そのため、1の発音は、他との区別がしやすい音なんです。

だから、1の音か、そうでないかだけ気を付ければ伝わる確率がぐっとあがります。

コツを使って、声調の使い分け

広東語のことを 廣東話 gwong2 dung1 wa2 ごん どん わー といいますが

真ん中にこの要注意の1の発音があります。

1を高い 1以外を低い と意識して読んでみます。

低い の部分が、2の発音だろうが、3、4、5、6の発音だろうが、

1かそうでないかだけ気をつければなんとか伝わります。

これさえ間違えなければ、他の2の発音の部分を3、4、5、6の発音にしても、伝わります。

逆に、1の発音を1以外で発音したり、2の発音を1の発音に間違えると、途端に通じなくなります。

日本人: 日本人 yat6 bun2 yan4 やっ ぶん やん
一般人: 一般人 yat1 bun1 yan4 やっ ぶん やん

前回も紹介しましたが、これも同じです。

要注意の1の発音さえ間違えなければ、どちらをいっているか伝わります。

低い低い低い と発音すると日本人に近い発音になり、

高い高い低い など、と発音すると一般人に近い発音になります。

 

6つの声調をきちんと意識して発音できるようになるのは、ある程度話せるようになってから直していけば良いので、

初級の間は、「伝わる」ということを優先に考えて、なまってるなと思われても気にしないで、

とにかく1の発音を意識してみてください!

伝わる率はぐっと上がると思います。

語彙一覧

廣東話: 広東語 gwong2 dung1 wa2 ごん どん わー
日本人: 日本人 yat6 bun2 yan4 やっ ぶん やん
一般人: 一般人 yat1 bun1 yan4 やっ ぶん やん

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *