広東語Cantonese廣東話 語学学習

#1 広東語とは?基礎知識

今回は広東語とは?という広東語の基礎知識についてご紹介します。 広東語とはどんな言語なのか、誰がどこで使っているのか、中国語(普通話)との違いなど、広東語の基礎知識を知りましょう。 YouTube動画 ※こちらはYoutubeのに投稿した動画を、文字に起こし、修正及び補足を加えたまとめ記事です。興味がある方は是非動画もご覧ください。 広東語って何? 中国語の方言 広東語は、中国語の方言の一種です。 中国語には標準語とされている「普通話」の他に、北京語、上海語、台湾語など、たくさんの方言があり、広東語もそのうちの一つです。 日本語で言う、「関西弁」のようなものです。 ただ、関西弁と標準語以上に、広東語と普通話には大きな違いがあります。   誰が使っているの? 香港以外でも、マカオ、中国の広州、さらにマレーシアやシンガポールなど、世界中で使われていて、 広東語を母語、ネイティブとする人の数は約8000万人と言われています。 そして、大変残念なことに今後この数は減っていくのではないかと言われているのが現状です。 広東語ファンとしては、少しでも多くの人に広東語を広めたいと思っています。   広東語の字体ついて 中国語の字体の種類 中国語の漢字には2種類の字体があります。 繁體字 (繁体字:はんたいじ)と簡體字(簡体字:かんたいじ)です。 例 繁体字:愛 簡体字:爱 広東語=繁体字 ではない よく、「広東語って難しいほうの漢字、繁体字のことでしょう」と言われたり、 ネットでも 繁体字 = 広東語 として使われている記事などを見ますが、これは正確ではありません。 たとえて言うと、標準語も関西弁も、平仮名でもカタカナでも表記することができるように、 使い分けは違いますが、普通話も広東語も、繁体字・簡体字で表記、書くことができます。 字体の使い分け では、繁体字・簡体字の字体の使い分けはどうやって決まるかというと、使われる地域で決まります。 例えば、 香港は繁体字を使い、広東語の発音で読みます。 広州は簡体字を使いますが、広東語の発音で読みます。 台湾は繁体字を使い、普通話(あるいは台湾語)で読みます。 北京では簡体字を使い、普通話で読みます(あるいは北京語)で読みます。 日本語=繁体字 ではない また、日本語=簡体字 日本語=繁体字 ということもありません。 例 繁体字:愛 會 萬  簡体字:爱 会 万 見ていただいたら分かるように、日本では、繁体字を使う時もあれば簡体字を使う時もあり、両方使うこともあります。 広東語を学んでいると、日本語として普段使っている漢字も出てきますし、見たこともないような漢字も出てきます。   中国語との違い 発音、イントネーション、語彙、語順が異なる 広東語と中国語の違いは、感覚的には標準語と関西弁が近いかもしれません。 広東語が関西弁、普通話が標準語。 例えば関西弁の「ありがとう」と、標準語の「ありがとう」とではイントネーションが違います。 さらに、「おおきに」という関西弁ならでは言葉もあります。 関西弁の「うちにかえらへん」と「うちにかえらない」では、イントネーションも語尾も異なります。 広東語と普通話も同じで、「うちに帰らない」は 広東語:我唔返屋企 (んごー んむー ふぁーん おっ けい) 普通話:我不回家 (うぉー ぶー ふえ じゃー) 発音も、関西弁と標準語の違いどころではないですし、使っている語彙そのものも違います。 文章の語順などの文法が異なる場合もあります。 このように、広東語と中国語とでは、発音、イントネーション、語彙、語順が異なるのです。 広東語は話し言葉である …

Continue Reading