Japanese Teacher

はじめに

「私は」と「私が」の違い、「そうなんです」の「ん」の意味、すぐに説明できますか?

日本人なら誰でも日本語を教えられると思われる方がいますが、国語と日本語教育、使うことと教えることは全く違います。

CatOnKneesには、日本語教師に興味がある方、日本語教師を目指している方のご連絡もよくいただきます。こちらのページでは、日本語教師に関する情報を共有したいと思います。

日本語教師とは

日本語教師とは、日本語を母国語としない学習者に、語学としての日本語を教えるのはもちろんですが、

それに加え日本の伝統文化、ポップカルチャー、習慣やマナーなど、日本に関する全てのことを伝えていくお仕事です。

日本国内だけではなく、海外でグローバルに活躍できる職種として非常に人気があります。

現在の日本語教師の資格

現時点で日本語教師免許は存在しません

日本語教師には、日本の学校教育と同じような資格制度はありません。つまり試験や養成講座を受けても「日本語教師免許」といった国家資格にあたるものは発行されていません。

日本国内・世界のスタンダード

日本国内および世界で日本語教師として認められるには、共通の「基準」があります。

ほとんどの日本語教師の求人では、以下の条件のうちいずれかを満たすことが求められています。

  1. 大学または大学院で日本語教育を主/副専攻
  2. 日本語教育能力検定試験合格
  3. 日本語教師養成講座420時間修了

さらに大学などの高等教育機関で教える場合には修士以上の資格や教授経験も求められることもあり、働く環境によっては英語や中国語などの語学力も必要になります。

これからの日本語教師の資格

日本語教師が国家資格へ!

近年日本語教師の国内需要が高まり、一定の水準をクリアした教師が多く求められ、現在いよいよ日本語教師の「国家資格」が設けられることが議論されています。

2019年に国家資格化へ移行の方針が示され、2020年今年、文化庁の審議会によって報告書がまとめられました。

これまでの日本語教師はどうなるのか

制度の具体的な内容や時期はまだ審議中ですが、資格取得に関する手続きが変わっていくことが予想されます。

現在の日本語教育能力試験や日本語教師養成講座の資格がある日本語教師、そして日本語教師としての経験が無駄になることはないですが、今後の動向に注意しておく必要があります。

人によっては、正式な国家資格が設けられる前に、現在の方法で日本語教師としての資格を取ってしまおうと、駆け込みで日本語教師の養成講座に通ったり、試験をている人も増えています。

活躍の場

日本国内

外国から日本へ来て暮らしているのはどんな方かを挙げてみると、留学生、就労者、その配偶者や子どもなど…そのほとんどが何らかの形で日本語教育を受けている、または求めており、そこに日本語教師の活躍の場があります。

日本国内では、留学生を対象とした民間の日本語学校、語学学校、大学などがあげられます。

近年では様々な企業で研修生・実習生としての外国人受け入れも進んでおり、社内教育としての日本語教育の需要も高まっています。

その他、ボランティア教室や対面の個人レッスン、オンラインなど、教え方や場所も多岐にわたっています。

海外

アジアをはじめとする海外諸国でも多くの日本語教師が活躍しています。

現地の日本語学校や大学はもちろん、意外に思われる方も多いかと思いますが、小中高校で日本語の授業が行われている国もあります。

教師自身が直接日本語学校などに就職して働く、日本の公的機関から派遣される、または現地に居ながらにして日本語教師となる方もいます。

学習者も、日本での就職を目指している人から、趣味として学ぶ人まで実に様々。

海外での日本語教師は言葉だけでなく、日本文化や日本事情をも伝える存在として期待されていると言えます。

日本語教師養成講座

養成講座の種類

現時点で日本語教師の資格として認められる、文化庁が定めたシラバスに基づく420時間日本語教師養成講座、そして日本語教育能力試験検定の対策講座などが人気です。

他にも日本語教師としての経験値を貯めるための実習講座や、日本語教師の短期基礎講座など様々な日本語教師養成講座があり、目的によって養成講座の内容や種類を吟味する必要があります。

また、通信制とスクーリング、そしてどれだけ実習ができるも吟味するポイントです。

日本語学校に併設されていて、実習が充実している講座もあれば、全て通信制で、実習が一切無い講座もあります。自分の目的に合わせて必要なスキルや経験を得られる講座を選びましょう。

CatOnKneesからのメッセージ

CatOnKneesの管理人(Miko)は、日本語教師になる前、そしてなった後を含め、下記3つの養成講座を実際に受講しています。

  • 実習満載のスクーリング型日本語教師養成講座
  • 実習一切無しの通信制420時間日本語教師養成講座
  • 短期集中型日本語教師養成講座

教える場所があって、とにかく資格だけ取りたい人

海外で働きたいから手に職をつけたい人

自分の周りの人に日本語を教えたい人

日本国内の日本語学校に就職したい人

それぞれの目的によって、養成講座の選び方は異なってくると思いますし、

時間とお金が無駄にならないように養成講座の内容をきちんと調べてから受講しましょう。

 

CatOnKneesでは日本語教師養成講座は実施していませんが、日本語教師や日本語教師を目指す方々のコンサルテーションを無料で行っておりますので、infocatonknees@gmail.comまでお問い合わせください。

(個人的にオススメの講座などはコチラで紹介して行きたいと思います)